« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

野呂さんのお話会ご参加、ありがとうございました!

 

  野呂美加さん秋田県内・4箇所のお話会、ご参加いただた皆様本当にありがとうございました。義母が「3時間もの長い間、どきどきしてあんなに真剣に話を聞いたの初めてだ」と話してましたが、本当そんな感じの、本気の身を削ったお話会。「大地と子供を放射能汚染から守る会」のブログでご覧になれます。是非お立ち寄り下さい。

 気が付けば震災から1年。

パン屋としても、母としてもその形は変化しつつあります。

まずは、パン屋・・・

放射性物質の影響で、今や国産の材料の安全性が崩壊しつつあります。

そんな中でのパン作りは、材料の仕入先への「放射能の心配はないですか」の言葉

から、始まるようになってしまいました。(一部の材料は変更をしています)

棚に並ぶ仕入の商品も、小麦粉は何県の?トマトは何県?検査はしてますか?

まるで、メーカーへの取調べです。最近はだいぶ検査も一般的になり、ほっとしてます

けど。。。

 母としては、出来る限り安心な食材の確保。

しかしながら、それが困難なのが・・・ 給食・・・です。

うちでは食べない食材が、毎日給食に・・・入って・・・ます。

牛乳は停止していますので、毎日水筒持参なのですが、

EMーEXGOLDをドボドボ入れてあげてます。

私達の住む地域でも、甲状腺の異常を訴える方がチラリホラり聞こえてきます。

はしもと病が何で同時期に複数、発病するの・・・

息子には、弁当を提案したけど却下。

食品検査機を鹿角市にも本当に入れて欲しい!

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »